ブリリアント酵素ドリンクのページ

酵素の3大弱点を克服

Home »  酵素の3大弱点を克服

酵素の3大弱点
①熱に弱い
酵素は48℃~73℃ほどで、変成して失活してしまいます。
②酸に弱い
酵素は酸に弱いため、胃酸によって死滅してしまいます。
③分子量が大きい
酵素は分子量が大きいため、身体に吸収されません。

酵素は熱に弱い上、酵素ドリンクは85℃で30分の加熱義務があるので、酵素ドリンクには酵素は含まれておりません。仮に酵素が残っていたとしても、胃酸で死滅してしまったり、分子量が大きいため、普通に摂取しても、身体に吸収されません。

酵素を体内に取り入れるのは、とても難しいことなのです。

酵素ドリンクに酵素は含まれていない

酵素ドリンクは国の基準で、85℃で30分の加熱義務があるため、酵素は変成してしまいます。仮にわずかに酵素が生きていたとしても、胃酸で死滅してしまうため、体内には吸収されません。

弊社のブリリアント酵素ENZAMINにも酵素自体は入っておりませんが、摂取した後で、体内酵素を大量に活性化させます。
それは、エンザミンという、強力な体内酵素活性因子が含まれているためです。
また、多くの酵素ドリンクのように、野菜や果物を糖で発酵させて作る製法とは全く異なっておりますので、低カロリーで飲みやすいのも特徴です。

酵素の3大弱点を全て克服し、低カロリーを実現

酵素には、①熱に弱い②酸に弱い③分子量が大きい体内に吸収されないという3つの弱点があります。
しかしながら、ブリリアント酵素ENZAMINは、酵素の3大弱点を全て克服いたしました。

①熱に強い
酵素ドリンクは、厚生労働省の基準で、85℃の熱で30分の加熱義務があります。
一般の酵素は48℃~73℃ほどで変成して失活してしまいます。
つまり、一般の酵素ドリンクには、酵素は含まれていません。

エンザミンを121℃の熱で30分加熱したところ、変わらずに活性化を続けているという検査結果も実証されております。

②酸に強い
酵素は体内に吸収される前に、胃酸で死滅してしまいます。
エンザミンはPh1.2という、硫酸レベルの酸をかけても活性化しているという検査結果が実証されております。

③低分子
酵素は、分子量が大きく体内に吸収されにくいのが特徴です。エンザミンは生成段階で小さくすることに成功。分子量500以下を実現し、体内に取り入れられやすくなりました。

④低カロリー
一般的な酵素ドリンクは、乳酸菌や酵母といった糖を餌に発酵した菌を用いており、非常に高カロリーです。エンザミンは納豆菌由来で繁殖力が強い菌のため、8kcal/100gといった驚きの低カロリーの実現が可能になりました。

原材料の選定から製造、製品化にいたるまで、「クオリティー」と「安全性」と「満足度」を最優先に考えた、一切妥協のない製品に仕上がりました。